般若心経 全文と訳
 この訳は、故花山勝友氏によるものです。

般若心経は古くから困ったとき日本人のお守りとして使われてきました。
あの耳なし芳一も亡霊に連れて行かれるところを、和尚さんが芳一の全身に
このお経を書いて守ってもらったのでした。(耳にだけ書くのを忘れてしまった)

ちびまる子も困ったとき般若心経を唱えていましたね。

般若心経 (三蔵法師玄奘訳)

かんじざいぼさつ
観自在菩薩             (観音菩薩が、)
ぎょうじんはんにゃはらみったじ
行深般若波羅蜜多時     (深遠な知恵を完成するための実践をされている時、)
しょうけんごうんかいくう
照見五蘊皆空           (人間の心身を構成している五つの要素がいずれも本
             質的なものではないと見極めて、)
どいっさいくやく
度一切苦厄             (すべての苦しみを取り除かれたのである。)
しゃりし
舎利子                 (そして舎利子に向かい、次のように述べた。舎利子
             よ、)
しきふいくう
色不異空               (形あるものは実体がないことと同じことであり、)
くうふいしき
空不異色               (実体がないからこそ一時的な形あるものとして存在
             するものである。)
しきそくぜくう
色即是空               (したがって、形あるものはそのままで実体なきもの
             であり、)
くうそくぜしき
空即是色               (実体がないことがそのまま形あるものとなっている
             のだ。)
じゅそうぎょうしき
受想行識               (残りの、心の四つの働きの場合も、)
やくぶにょぜ
亦復如是               (まったく同じことなのである。)
しゃりし
舎利子                 (舎利子よ、)
ぜしょほうくうそう
是諸法空想             (この世の中のあらゆる存在や現象には、実体がない、
             という性質があるから、)
ふしょうふめつ
不生不滅               (もともと、生じたということもなく、滅したという
             こともなく、)
ふくふじょう
不垢不浄               (よごれたものでもなく、浄らかなものでもなく、)
ふぞうふげん
不増不減               (増えることもなく、減ることもないのである。)
ぜこくうちゅうむしき
是故空中無色           (したがって、実体がないということの中には、形あ
             るものはなく、)
むじゅそうぎょうしき
無受想行識             (感覚も念想も意志も知識もないし、)
むげんにびぜつしんに
無限耳鼻舌身意         (眼・耳・鼻・舌・身体・心といった感覚器官もない
             し、)
むしきしょうこうみそくほう
無色声香味触法         (形・音・香・味・触覚・心の対象、といったそれぞ
             れの器官に対する対象もないし、)
むげんかいないしむいしきかい
無限界乃至無意識界     (それらを受けとめる、眼識から意識までのあらゆる
             分野もないのである。)
むむみょう
無無明                 (さらに、悟りに対する無知もないし、)
やくむむみょうじん
亦無無明尽             (無知がなくなることもない、)
ないしむろうし
乃至無老死             (ということからはじまって、ついには老と死もなく)
やくむろうしじん
亦無老死尽             (老と死がなくなることもないことになる。)
むくしゅうめつどう
無苦集滅道             (苦しみも、その原因も、それをなくすことも、そし
             てその方法もない。)
むちやくむとく
無知亦無得             (知ることもなければ、得ることもない。)
いむしょとくこ
以無所得故             (かくて、得ることもないのだから、)
ぼだいさった
菩提薩垂               (悟りを求めている者は、)
えはんにゃはらみった
依般若波羅蜜多         (知恵の完成に住する。)
こしんむけいげ
故心無圭礙             (かくて心には何のさまたげもなく、)
むけいげこむうくふ
無圭礙故無有恐怖       (さまたげがないから恐れがなく、)
おんりいっさいてんどうむそう
遠離一切転倒夢想       (あらゆる誤った考え方から遠く離れているので、)
くきょうねはん
究境涅槃               (永遠にしずかな境地に安住しているのである。)
さんぜしょぶつ
三世諸仏               (過去・現在・未来にわたる”正しく目覚めたものた
            ち”は)
えはんにゃはらみつたこ
依般若波羅蜜多故       (知恵を完成することによっているので、)
とくあのくたらさんみゃくさんぼだい
得阿耨多羅三藐三菩提   (この上なき悟りを得るのである。)
こち
故知                   (したがって次のように知るがよい。)
はんにゃはらみった
般若波羅蜜多           (知恵の完成こそが)
ぜだいじんしゅ
是大神呪               (偉大な真言であり、)
ぜだいみょうしゅ
是大明呪               (悟りのための真言であり、)
ぜむじょうしゅ
是無上呪               (この上なき真言であり、)
ぜむとうどうしゅ
是無等等呪             (比較するものがない真言なのである。)
のうじょいっさいく
能除一切苦             (これこそが、あらゆる苦しみを除き、)
しんじつふこ
真実不虚               (真実そのものであって虚妄ではないのである、と。)
こせつはんにゃはらみつたしゅ
故説般若波羅蜜多呪     (そこで最後に、知恵の完成の真言を述べよう。)
そくせつしゅわつ
即説呪曰               (すなわち次のような真言である。)
ぎゃていぎゃていはらぎゃてい
羯帝羯帝波羅羯帝         (往き往きて、彼岸に往き、)
はらそうぎゃてい
波羅僧羯帝             (完全に彼岸に到達した者こそ、)
ぼうじ
菩提                   (悟りそのものである。)
そわか
僧莎訶                 (めでたし。)
はんにゃしんぎょう
般若心経               (知恵の完成についてのもっとも肝要なものを説ける
             経典。)

私が最初に中国の西安に旅立つ時、中国側と出発前に打合せをしていたら、
慈恩寺大雁塔を見学することになっていた。
三蔵法師は長いインドまでの旅を終えて持ち帰った経典を、慈恩寺で
中国語に翻訳する作業をしたのです。

それではと私も
この訳をワープロに打って旅に持参して行った。
この和訳を手にして、大雁塔の上へと登ったものだった。

ひろさちや現代語訳「般若心経」

寂聴「般若心経」

台湾の「般若心経」

香港の「般若心経」

 般若心経は間違い?

宗教のページの始めに戻る。