廣井勇

廣井勇 札幌農学校第2期生 同期生に内村鑑三、新渡戸稲造、宮部金吾など。 教頭ホイーラー(数学、土木工学教授)の影響を強く受けた。 1887(明治20)年、札幌農学校工学科助教授 ドイツのカールスルーエ工科大学に1年間、シュツットガルト工科大学に半年間滞在。 1889(明治22)年帰国、札幌農学校教授となった。 1890(明治23)年からは北海道庁の技師も兼務し、1893(明治26)年からは北海道庁技師を本務とし土木事業に貢献した。 1897年(明治30)年より工事が始まった小樽築港工事の成功で名を高めた。 1899年(明治32)年より東京帝国大学で土木工学3講座(橋梁学)を担当した。

北海道大学と原敬