建設環境工学通論 平成15年度 応用化学科&材料物性工学科3年生

ファン・ドールン

> 大正時代,この設計で,十六橋に水門が設けられ,水量調節を行うようになりました。 >また、碑誌には次のように書かれている。 >安積疏水の生みの親である オランダ人長工師コルネリス・ヨハンネス・ファン・ドールン先生は >明治五年日本政府の招きにより来日し 我が国に幾多の土木設計技術を残しました。 >中でも 猪苗代湖を水源とする安積疏水開さく事業の設計にあたられ >明治十五年十月みごと完成し 郡山市及び周辺市町村の発展の原動力として輝かしい業績を >残されました。 >アムステルダムに眠る先生の功績をいつまでも後世に伝えるため  >同地に昭和五十四年六月墓碑を再建するとともに これを機会に安積 >疏水土地改良区組合員及び関係有志一同が 敬愛の心をこめてこの記念碑を建立する >ものであります  I 川和廣