新横浜のラーメン博物館

                 

新横浜のラーメン博物館には、日本のラーメンの歴史が説明されている。
そして、インスタントラーメンの歴史もしっかりと説明されているのが嬉しい。

日本人で最初にラーメンを食べたのはあの水戸黄門です。
そこで黄門ラーメンの説明を書きます。

このラーメン博物館でさすがと思ったのは、明治の最初のラーメン広告の新聞
の資料が展示されていたことです。
函館養和軒が明治17年の「函館新聞」に新聞広告を出していた。その名も「南京そば」
明治中期に横浜南京街(今の中華街)に屋台の「南京そば」というものがあり、
これがラーメンのルーツと考えられる。函館の南京そばもこれに類したものだっただろうか。
その調理法の資料が残っていないし、現在のラーメンとの関係が不明なので、
正式に認知されていないようだ。まことに研究者はしっかりとした資料を要求するから。

このラーメン博物館には「小菅桂子:にっぽんラーメン物語、講談社」も売られていたが、
まさしく、この本の内容にもとづいてラーメン博物館の展示があるようだ。
いや、この本は発行が1998年で、ラーメン博物館は1994(平成6)年開館したのだから
この本はラーメン博物館から影響を受けたものもあるかもしれない。
もっとも、この本のもとになった本は昭和62(1987)年に発売されているから、
この著者の研究の方が先進的な存在であろう。

  新横浜のラーメン博物館
  ラーメン博物館のパンフレット食べられるラーメンの一覧 しかし混んでいる。時間がほしい。
  ラーメン博物館の夕焼けの下町はすばらしい。
  ラーメン博物館の並び方と待ち時間の目安地下1階
  ラーメン博物館の並び方と待ち時間の目安地下2階
  ラーメン博物館の入場券

  ラーメン博物館の地下広場のイメージ図 2002.3
  中国語版ラーメン店の説明その1    その2
  英語版ラーメン店の説明その1    その2

  新横浜の駅ちかくに924平米の土地をもっていた岩岡静江さんは駐車場建設を
思い立った。あとを任されたのが息子さんの洋志氏、彼は多くの人に愛されるものとして、
「新横浜ラーメン博物館」を考えついたのであった。
「博物館」という知的展示をうたいながら、「ラーメンのテーマパーク」という
入場者がそこでラーメンを食べつつ、日本文化を体験し楽しむというアイデアを
実現したのである。一種の地域おこしであり、日本の食文化であるラーメンの
発信基地にもなっている。